本文へジャンプ

会社紹介

オフセット印刷

オフセット印刷とは実際に印刷イメージが作られている版と紙が直接触れないのが特徴。版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(offset)した後、紙などの被印刷体に印刷するため、オフセット印刷と呼ばれます。

現在主流の印刷方法であり、木村印刷では平版を用いた平版オフセット印刷を採用しています。

ポイント

オフセット印刷

オフセット印刷

多くの印刷物を扱うオフセット印刷機。木村印刷の主力です。

製版

オフセット印刷用の版を作る工程です。

伝統的な写真製版では原稿を撮影し、スクリーンを用いて版材に焼き付けて感光膜の画像を作ります。写真技術を応用して作成するためそう呼ばれます。

現在はアルミ板にアルゴンレーザーを用いて焼き付けを行ったり、工程のデジタル化に伴ってデータから直接刷版を出力するCTPが導入されています。

ポイント

製版

アルミ板に焼き付けられた原稿です。使用する色に合わせて数枚の版が作られます。

ポイント

版の最終チェック!このあと版はオフセット印刷機へと設置され印刷の工程に入ります。

活版印刷

活版印刷とは、活字と呼ばれる鉛でできた文字を組み合わせて作った版で印刷することを指します。

工程は、必要な数値を用意しておく(文選)。その後、適切な活字を選択し原稿に従って並べる(植字)。組版ステッキ上に並べていき、数行ごとにゲラに移しながら版全体を作り上げていく。文字ごとに大きさの違う数千種以上の活字から適切なものを選択する必要があるため、熟練の腕が必要とされます。

ポイント

活版印刷

活版印刷

手差しの活版印刷機が現役で稼働しています。
マチの付いた封筒や厚みのある紙にも印刷できます。

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷とは、「要求があり次第(オンデマンド)」に迅速に印刷する方法の事を指します。

オフセット印刷のように版を作るのではなくデジタルデータのまま印刷機を通すことが出来ます。

必要な情報を必要な部数印刷するというオンデマンド印刷には以下のような特徴があります。

短納期

オンデマンド印刷は、オフセット印刷のように製版をする必要が無いので入稿後、印刷するまでの時間が短くなります。

低コスト

製版の必要がないので、1回あたりの出力の費用が安く抑えられます。
少量印刷時にはオフセット印刷より低コストでの印刷が出来ます。

ポイント

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷

版を必要としないオンデマンド印刷は出力までデジタルデータとして扱います。
タッチパネルの操作もまさにデジタル!

製本・加工

印刷物を接着剤・針金・糸などで綴じて表紙を付け本の形にする事を製本といいます。
綴じる部分が必要なため、製本の仕方によって印刷物に必要な余白が異なります。
出来上がりの状態を考えて印刷物のデザインや製本の仕方を決めます。

ポイント

無線綴じの製本をしています。木村印刷では無線綴じ以外にも中綴じや折り加工・ミシン目加工・スジ入れ加工・孔開け加工・角丸加工等を承ります。どういったものを作りたいかを踏まえてご相談くださいませ。